保健・福祉・介護・医療情報ソリューションサービス

マルチマーカー ワークグループ版

マルチマーカー ワークグループ版 とは

マルチマーカー ワークグループ版

マルチマーカーは、国民健康保険団体連合会の特定健診等データ管理システムやその他の健康管理システムの健診データ(CSV・XML形式)を取り込み、分析や集計を行います。

健診データを多角的に集計・分析・評価し、保健指導等に活かせるソフトウェアです。

特定健診階層化やメタボリックシンドローム判定、生活習慣病危険因子の複合保有状況の分析等により、地域・職域の健康課題や保健指導対象者の抽出が行えます。

健診データに紐づくデータで、マルチマーカーが用意しているカテゴリ・項目に妥当な項目がない場合、項目の名称・型・メモ(項目についての情報)を自由に新規作成することも出来ます。

対象者の病態にあった保健指導の為の学習教材や、対象者の健康状況を見やすく理解しやすい図・表にした帳票等を出力することもでき、これからの健診・保健指導を支援するためのツールです。

ワークグループ版では、サーバーにソフトウェアをインストールすることにより、クライアントPCからWebでサーバーにアクセスして、マルチマーカーを利用することができます。

これにより、クライアントPCにソフトウェアをインストールする手間が削減できます。

弊社の製品である「健康家族21」とのシームレスな連携も可能です。データベースを関連させ、取り込みの手間を省きます。

「マルチマーカー」「MULTI MARKER」は、株式会社ウェルクルの商標登録商品です。
「マルチマーカー ワークグループ版」は、株式会社ウェルクルとアトラス情報サービス株式会社の共同開発製品です。

マルチマーカー ワークグループ版の特徴(メリット)

マルチマーカーは、保健師の方にとって、健診データの分析や保健指導業務の手助けになります。
特定健診に対応した階層化・メタボリックシンドローム判定などが行え、国内の学会基準に基づいたeGFR自動計算・脳心血管リスク層別化も可能です。

また強力な検索機能により、「腎専門医の紹介が必要な人」というような簡単検索、「去年と比べて階層化が悪化した人」というような経年検索が容易に行えます。
健診データの分析・集計・評価が簡単となり、集計表や評価表など、見やすく理解しやすいさまざまな表にして閲覧することが可能です。
任意の条件に合致する個人を検索・抽出でき、その個人の詳細な健診・保健指導データを閲覧することができます。
保健指導業務にも長けており、データの記録や管理、報告データの作成など、一連の作業が可能です。

また、健診未受診者を一覧で表示することができ、簡単に閲覧することができます。

1. 充実したメインメニュー

メインメニューでは、全体の人数やその男女比・健診受信状況、階層化・腎機能・心血管病リスクなどの判定結果、「気になる人」としてマークした個人の数の情報などを、一目で見ることができます。 
また、各機能画面に遷移するためのアイコンも、大きく、わかりやすいです。

2. 同時に複数端末から利用可能

マルチマーカー ワークグループ版は、同時に複数クライアントPCからWebで利用することができます。
評価業務などの入力において、各クライアントPCからの入力が可能です。
基本は3ライセンスですが、追加購入することができます。

3. 強いセキュリティ

ID・パスワードにより、ログオンする方式をとっています。
また、利用者アカウント別に、参照可能な団体の制限、利用可能業務範囲の権限設定が可能です。

導入イメージ

基本構成

必要なハードウェア・データベース構成

1. サーバ 1台
2. HUB 1台
3. クライアント 3台(基本3ライセンス)
4. オラクル 10ライセンス
※最小購入単位10ライセンス
5. MS Office 1ライセンス
主な特徴
  • 同時に複数端末からの入力が可能
    基本3ライセンス(ライセンス追加可能)。
    各々の端末から評価業務などの同時入力が可能になります。
  • セキュリティ強化
    ID・パスワードにて認証機能の強化。
    利用者ID別に利用可能業務範囲の権限設定が可能。

料金案内

本体価格 200万円(税別) ※クライアントライセンス3本込み

※導入費用などは別料金
※追加1ライセンス30万円(税別)

当サービスご検討のお客様はこちらからお問い合わせください。

資料請求・お問い合わせ